社員旅行(2018)その1

久しぶりの更新になります。

去る、6月7日から8日にかけて、社員旅行に行ってきました。
今年の旅行先は「京都・大阪」です。
行きかえりのメインの移動は新幹線、それから京都、大阪ともバスで移動になります。
旅行初日は早朝待ち合わせ(AM6:30東京駅)にもかかわらず、遅刻者もなく(時間に関してはさすが、そこは
普段から現場仕事で慣れたものです)参加者全員そろって定刻の新幹線に乗車し、一路京都を目指します。

京都に着くとバスで移動、伏見稲荷に向かいます。

伏見稲荷1

伏見稲荷2

伏見稲荷大社は全国に3万社あると言われている「稲荷神社」の総本社で「応仁の乱」(1467年~1476年)
の時に細川氏の軍勢の陣地になりましたが敵対する山名氏の攻撃を受けて敗退した後、すべて
焼き尽くされてしまいました。しかし、その100年後、豊臣秀吉が大規模な寄進を行い復興されています。

千本鳥居

「千本鳥居」の赤と黒のコントラストが見事で美しい伏見稲荷大社の後は祇園です。
短い時間ですが各自思い思いの場所に散って行きます。

祇園。

そして旅行初日のメインである嵐山です。

渡月橋。

嵐山

桂川に架かる「渡月橋」の起源は承和年間(834年~848年)道昌という僧が架橋したのが
始まりとされ、鎌倉時代の亀山上皇が橋の上を月が移動しているのを見て「くまなき月の渡るに似る」
と感想をのべたことから「渡月橋」と名付けられました。
初夏のこの季節、山の緑と竹林の緑が目に眩しいです。
足利将軍家と後醍醐天皇ゆかりの世界遺産にも登録されている「天龍寺」で
社員一同記念撮影!

DSC_0001_BURST20180607135706482_20180705090726dbc.jpg

そして社員一同、古都京都を堪能して、宿泊地大阪に向かったのでありました。
(続)
[ 2018/07/05 08:53 ] 親睦行事 | TB(0) | CM(-)

最寄駅。

IMG_4296.jpg

IMG_4297.jpg

IMG_4302.jpg


佐野電機株式会社に電車でお越しの際は最寄り駅がJR武蔵野線・埼玉高速鉄道
「東川口」になります。

「東川口駅」は1973年、武蔵野線開業と共にできた駅で2001年には埼玉高速鉄道も乗り入れ
年々、周辺が宅地開発されている新興住宅地の中にある駅です。
川口市の外れに位置はしておりますがそれが故、まだまだ武蔵野の面影を残すのどかな風景が
のこる地域でもあります。

駅すぐ先の線路を横切る弊社の仕事とも関係が深い?!「送電線鉄塔」が以前はここが人口密集地
ではなかったことを物語っております。
(昭和の時代、送電線鉄塔は集落がないところに建てるのがマストで、そこに後から住宅地ができた
というのがわかる画像です)

IMG_4303.jpg


IMG_4299.jpg

駅前には去年12月に人口60万人突破と今年4月に中核都市になりますとの告知を
川口市のマスコットキャラクターの「きゅぽらん」くんが教えてくれる横断幕が張られております。

FullSizeRender.jpg

そして、佐野電機株式会社はその「武蔵野線」の東川口と東浦和の間の線路沿いにあります。
東京行きからは向って左側、府中本町行きからは向って右側になります。

皆様も武蔵野線にお乗りの際は弊社を車窓から探してみてください。
見つけられればその日は素敵な1日になるかも?(笑)
[ 2018/01/31 09:16 ] 佐野電機株式会社 | TB(0) | CM(-)

大雪の朝。

首都圏は5年ぶりの大雪の朝を迎えて電車も定刻通りに走らず、道路も混雑しております。
弊社も自動車通勤の社員が多数いるので定時に間に合わないとの連絡が入ったりして朝から少しだけ
バタバタしております。しかし、急いで事故に巻き込まれるよりは「安全第一」!が大切です。

そして、定時に出社できた社員は若手もベテランも総出で雪かき作業です。

IMAG0004_201801231044493b3.jpg

IMAG0011.jpg

IMAG0009.jpg

普段の工具をシャベルに持ち替えて首都圏では珍しい「大雪」とガチンコ勝負です。
しかし、そこは日々、現場で鍛えたパワーと段取りで1時間もしない間にこの通り!!

IMG_4276.jpg

IMG_4275.jpg

本日は若干気温が上がるとのことで雪も比較的早く溶けるのではと言われていますが、日の当たらない
裏路地などの通行にはまだまだ注意が必要です。
皆様、今日も1日ご安全に!


[ 2018/01/23 11:32 ] 佐野電機株式会社 | TB(0) | CM(-)

改めまして!佐野電機株式会社でございます。

「人間五十年、下天のうちをくらぶれば夢幻の如くなり、ひとたび生を享け
滅せぬもののあるべきか」と辞世の句を詠み、本能寺の露と消えた織田信長公に比べ
何も成さずにこの歳になってしまった営業統括部 産機営業部の「N」が以後、
定期的に更新して行く所存でございます。
お客様、協力会の皆様、 よろしくお願いいたします。

弊社は昭和21年に設立、地元川口市の地域産業とともに歩んできました。
建築工事の「建屋」が身体ならばその血液、血管を司るといっても過言ではない
電気設備工事をメインに産業機械のクレーン設備の新設からメンテナンス、そしてモーターから
FA機器までユーザー様が必要な設備をこれまで蓄積した技術により満足していただける”性能”にして
お届けしてまいりました。
特殊な分野にも挑戦を恐れずタイムリーで卓越した技術によりユーザー様より格別の信頼をいただいて
おります。

これからもユーザー様の良きパートナーとして事業の継続と発展に邁進して行きたいと考えておりますので
よろしくお願いいたします。

雪の佐野電機株式会社


本日(2018.01.22)は首都圏に大雪の警報・注意報が出ています。
皆様くれぐれも、お車の運転にはお気をつけてご安全に!

佐野電機株式会社HP


[ 2018/01/22 13:29 ] 佐野電機株式会社 | TB(0) | CM(-)

高所作業

高所作業は設備工事業をする上では欠かせません。
最近は労働安全衛生法の強化なども進み足場に従事する者の資格が必ず求められるようになりました。
そんな、作業風景の一部を紹介します。

IMAG5974.jpg

この様な、クレーンの点検、保守をしています。

IMAG5975.jpg

15tの巻上用ワイヤーの交換なども高所と床上の上下作業となります。

IMAG5985.jpg
上に1人ないし2人
IMAG5984.jpg

上部からの、工具、部品の落下させないよう注意しながら作業

IMAG5380.jpg

高所作業車を使い
バケット内に安全帯を掛けて作業

IMAG5384.jpg

ブームを駆使して、作業しづらい場所に設置されているクレーンの点検

高所作業車 電設

電気設備工事でも高所作業車が活躍!
電柱に架装されている設備の新設や交換

P1560710.jpg
電柱に取付けてある高圧気中負荷開閉器を取付
DVC00038.jpg
壁面取付の電灯を交換したり、新設したり

様々な設備のメンテ、新設には高所作業が必要です。
安全の確認をしっかりとし、事故がおきないように準備をして作業をします。
ご安全に!
[ 2017/11/07 13:56 ] 佐野電機株式会社 | TB(0) | CM(0)