スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

SANO製クレーン制御盤

クレーンにはクレーン制御盤が必ず必要です。
佐野電機ではお客様のニーズに合わせた制御盤をオーダーメイドで製作取付まで
行っております。

今回ご紹介するのは、クレーンの暴走を抑止するエレカット内蔵クレーン集中制御盤です。

SANO ELECUT1

ホイスト制御マグネットスイッチもクレーン制御盤へ集約したタイプ
電気的制御がこの制御盤に集中するため、メンテナンス性の向上が図れます。

SANO ELECUT2

電源ブレーカメインマグネット上下マグネット
電源・運転ランプ警報装置

SANO ELECUT3

横行・走行用マグネット・マグネット溶着検知エレカット内臓

クレーンの性能向上の為のシステムではありませんが
クレーン等の安全性を高め、現場の設備環境の安全性を高める機器です。
インバータ駆動にも対応可能ですので、設備管理者様等お問合わせ下さい。

お問合わせ
048-298-1111
佐野電機㈱ 搬送システム部


スポンサーサイト
[ 2010/09/27 14:00 ] クレーン | TB(0) | CM(-)

クラブ式クレーン点検業務について

クレーンには汎用品のホイストを巻上機に使うホイスト式クレーン
速度・揚程・頻度等顧客ニーズに合わせた仕様のクラブを用いたクラブトロリー式クレーンに分かれています。
ホイストメーカが販売しているホイスト式クレーン(ホイスト部分はパッケージ化されメンテナンスもしやすい)と比べ巻上用電動機・減速機・速度制御ブレーキ・(横行用各機器)などがトロリー台車に載せられた1品物が多いクラブ式クレーンはメンテナンスも大きく変わります。
私たちはこれまでの経験を生かしクラブ式クレーンの点検業務を行っています。

その点検業務内容を少し紹介いたします。
11.jpg
クラブ主巻減速機の点検
ホイストと違いスピードが速い為、減速機のギアも大きくなります、点検ではギア歯の点検及びオイルの交換を行います。


12.jpg
巻上モータはホイスト式のかご形から巻線形となり2次側に抵抗により速度を制御する構造となり。電源がスリップリングから供給されるため、シューの点検し、摩耗具合をチェックします。

13.jpg
巻上モータよう抵抗器巻線形モータの速度制御を行う機器。ケーブル結線部分の締め付け確認、埃等の清掃をし、抵抗値の低下を抑制します。


14.jpg
巻上ドラムの点検
ドラムに彫られているケーブル溝の摩耗、縄痕などが無いか点検し、修繕が必要かどうか判断します。

15.jpg
横行車輪の測定
ホイスト式同様クラブトロリー式でも車輪の測定を行います。ツバの幅や横行レールの摩耗部分のチェックをし、過去の記録と紹介し交換時期を報告いたします。

16.jpg

走行モータ 1モータ駆動
クラブ式・ホイスト式に関わらず年代の古いクレーンに多く見られるガータのセンターに走行モータ・減速機・ブレーキが1組置かれているタイプ。1モータで2輪を駆動するため、サドルモーターより容量も大きくブレーキもディスクブレーキとなり電磁・油圧型ともにスプリングでのギャップ調整が必要です。

その他、安全ネットの点検、ワイヤーロープ・フックの点検は全クレーン共通で行います。
簡素化されたホイストと比べ機械構造の知識が必要なため、熟練の作業員から若い作業員への技術の伝達がされています。

[ 2010/08/19 10:38 ] クレーン | TB(0) | CM(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。